Newsキャバクラ

【大阪】無許可で客接待、キャバクラ摘発



 8日夜、許可なく客に接待行為をしていたとして、東大阪市のラウンジ店が摘発されました。

 「時刻は午後10時半です。大阪府警の捜査員が違法ラウンジ店に家宅捜索に入ります」

 風営法違反の疑いで摘発されたのは、近鉄布施駅の近くにある「LOUNGE LaLa」です。捜査関係者によりますと、この店は飲食店としての許可しか受けていないにもかかわらず、従業員の女性が客に酒をつぐなどの接待行為を無許可で行った疑いがもたれていて、店にいた経営者の女(23)と従業員の男(22)が現行犯逮捕されました。取り調べに対し女は容疑を認め、男は「無許可だとは知らなかった」と供述しているということです。

 店には以前、警察が立ち入り調査し、接待行為をしないよう誓約書を書かせましたが、その後も接待行為を続けていたということです。
2017.03.14